グルーで固定されたグラスアイの外し方について。

安全でラクな方法があるので、紹介しようと思います。

まずは従来のやり方から。

エナメル溶剤(タミヤカラー X-20など)で接着を剥がす

ボークスの店舗や教室では、この方法を紹介しているようです。

エナメル溶剤でメイクが落ちることはないと言われています。理由は、ボークスのデフォルトメイクはラッカー系塗料を使用しており、エナメル溶剤はラッカー系塗料を侵食することがないからです。アクリル塗料(ボークスが販売している造形村のカラーなど)も同様です。ただし、メイクの仕上げにエナメル系のグロスなどがコーティングしてある場合には、これを侵食してしまうおそれがあります。

エナメル溶剤は水のように粘度が低いため、アイホールからメイクのある部分に垂らさないようにするのは結構難しいです。

エナメル溶剤を垂らさないようにするコツは、溶剤を綿棒に含ませて、グルーがヘッド裏に触れている部分に軽くなでるように塗布することです。

理由はわかりませんが、我が家ではエナメル溶剤を使用してメイクが落ちてしまったことがあります。

そのため、この方法は封印しました。

ドライヤーをグルーに当てて軟化させる

熱したいのはグルーなのですが、この方法だとヘッド本体やデフォルトアイ、まつ毛なども熱くなります。まつ毛はチリチリになったり外れてしまう可能性がありますし、メイクに悪影響がある可能性もあります。そのため、この方法もできればとりたくありません。

ドライヤーでスパチュラを熱する

この方法が最高だと思っています。熱したい部分をピンポイントで熱することができ、溶剤が垂れる心配もありません。

具体的な方法を紹介します。

今回は蓬ちゃん(幼SD アン)と茜ちゃん(MSD みどり)にご登場いただきました。

ヘッドの中は、こんなかんじです。

▼幼SD(限定モデル):アクリルアイが入っています。

IMG 9224

▼MSD(ワンオフモデル):造形村グラスアイが入っています。

IMG 9965

グルーが上下左右の4点に付いていることがわかります。

モデルによっては、ぐるっと円形にグルーがついてしまっていることもあります。これから紹介する方法だと、難易度はどちらもあまり変わりません。

まず、ドライヤーにキャップがついている場合、それを外します。

下の写真のように、ドライヤーに突っ込むようにしてスパチュラを熱します。やけどに気をつけてね。

IMG 9225

あまり熱しすぎなくて大丈夫です。グルーを溶かすためには、そんなに高い温度は必要ありません。

熱したスパチュラが冷めないうちに、下のように接着面を突いていきます。グルーを温めるということを意識してください。

無理にこじると、ヘッドに傷がつきます。やさしく。

IMG 9226

スパチュラが冷えてしまったら、またドライヤーで温めて同じ作業を繰り返します。

温められたグルーは、ある温度になるとツルッと綺麗に剥がれます。

IMG 9966

スパチュラが熱すぎるとグルー全体が柔らかくなりすぎて、逆に剥がれにくくなります。

慣れると5分くらいで外せるようになります。

IMG 9967

(色がついている部分はおそらくエアブラシメイク時についたもので、今回の作業でついたものではありません)

デフォルトアイの外し方

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。